22:08 2020年06月05日
国際
短縮 URL
0 50
でフォローする

新型コロナウイルスに感染し、一命をとりとめた英国のボリス・ジョンソン首相は治療に当たった病院の医師らに感謝の気持ちを込めて新たに授かった男の子を命名した。ジョンソン首相の婚約者、キャリー・シモンズさんがSNSへの投稿で明らかにした。

4月29日朝、キャリーさんはロンドン市内の病院で男の子を出産した。男の子の名前はウィルフレッド・ローリー・ニコラス・ジョンソン。

ウィルフレッドとローリーはそれぞれジョンソン首相とキャリーさんの親族にちなんで名づけられた。ニコラスはジョンソン首相が治療を受けていたロンドンのセント・トーマス病院に勤務する医師らの名前だという。セント・トーマス病院の感染症科で主治医を務めるニック・プライス博士と、呼吸器科・リハビリ科のニック・ハート教授がジョンソン首相の治療に携わった。

医師らはツイッターに投稿し、新生児の誕生を祝った。

​ジョンソン首相は新生児の出産に立ち会うことができたという。ただし、育児休暇は後日に申請すると報じられている。

3月27日、ジョンソン首相はSNSで新型コロナウイルスに感染したことをSNSへの投稿で明らかにした。4月5日には発熱し入院。翌6日には容体が悪化し集中治療室に移され、酸素吸入などの治療を受けた。9日、ジョンソン首相は一般病棟に移り、12日に退院した。

関連ニュース

経緯:新型肺炎はどのように流行するのか
© Sputnik / Savitskaya Kristina
経緯:新型肺炎はどのように流行するのか

スプートニクは新型コロナウイルスに関する信憑性の高い最新情報をお届けしています。特設ページをご覧ください。

タグ
ボリス・ジョンソン, 英国, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント