20:19 2020年07月08日
国際
短縮 URL
0 21
でフォローする

英フィナンシャル・タイムズ・グループの調査部門であるfDiインテリジェンスとテクノロジー系メディアThe Next Webが作成のヨーロッパで最もハイテクな都市のランキングにモスクワは18位でランクインした。同ランキング「未来のテックシティ2020/21」を両社がまとめたのは初。

ランキングの上位10位には、ロンドン、パリ、ダブリン、アムステルダム、ベルリン、ミュンヘン、ブカレスト、バルセロナ、ベルファスト、ケンブリッジが入った。11位から20位にランクインしたのは、エディンバラ、レディング、モスクワ、ヘルシンキ、ソフィアなど。

このランキングの対象は、ヨーロッパの76都市。評価基準となったのは資本誘致、資格保有者の有無、インフラ整備レベルなど。

対象都市は「経済ポテンシャル」、「イノベーションと魅力」、「海外直接投資のレベル」、「スタートアップのエコシステム」、「収益性」の5つのカテゴリーで点数評価された。

ランキングではさらに、両社が独自の調査結果に応じて点数を付与する「fDi戦略」という6番目のカテゴリーも特別に設けられた。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント