16:19 2020年08月11日
国際
短縮 URL
0 13
でフォローする

英航空会社ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)は17日、保有するボーイング747型機を全機退役させると発表した。米CNBCが報じている。

同型機を31機保有する同社は当初、2024年までに段階的に退役させる予定だった。しかし、新型コロナウイルスのパンデミックによって航空業界が低迷し続けていることから、同社は全機を即時退役させることを決定した。

BAは今後、ボーイング747型の代わりに燃費効率の良い最新旅客機エアバスA350やボーイング787を使用する予定。

オーストラリアのカンタス航空は6月、保有するボーイング747型機6機全てを退役させると発表した。当初は年内の退役を予定していたが、退役を半年早めることでコスト削減を図る。

パンデミックによって航空業界への打撃を受けたBAは4月、人員削減の協議を労働組合と開始すると発表し、最大で1万2000人の解雇を計画していることを明らかにしていた。

関連記事

タグ
飛行機
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント