06:00 2020年08月15日
国際
短縮 URL
0 14
でフォローする

ファーウェイに関する制裁は、ドナルド・トランプ大統領が次の大統領任期に就任しれなかった場合、緩和されるかまたは解除される。英国のオブザーバー紙を引用し雑誌『ガーディアン』が報じた。

報道によれば、英国で全国的な5Gインフラの整備への参入を禁止した後に英国の官僚らはファーウェイの代表との交流をもった。当局によれば、地政学的理由と米国からの圧力に関係し、部分的に決定が下された。オブザーバー紙によれば、英国は、ファーウェイの規制はドナルド・トランプ大統領が大統領選挙で勝利できなかった場合、解除する可能が生じると語った。さらにもう一つの制裁解除の条件は、米国政府の反中国レトリックの緩和だと指摘した。

以前、英国のデジタル・文化・メディア・スポーツ相のオリバー・ダウデン氏は、英国はこれ以上、国内の5Gインフラの発展でファーウェイの参入に関して安全を保障することができないと強調した。これに関連し、2021年から国の通信事業者は、中国企業からプラントを購入することができなくなる。

ファーウェイの5G配備の展開を英国から除外する決定は、7月半ばに承認された。英国国家安全保障会議のメンバーらは、ボリス・ジョンソン首相も出席した会議の場で、今後の中国企業との協力は、国家安全保障上の脅威となるという結論に至った。

関連ニュース

タグ
制裁
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント