04:47 2020年09月27日
国際
短縮 URL
0 26
でフォローする

米国は中国に対し、ヒューストンの中国総領事館の閉鎖を要請した。中国外交部のワン・ヴェンビン公式報道官は22日のブリーフィングで要請の事実を明らかにした。

ワン報道官は、「7月21日、米国は中国に対してヒューストンにある中国総領事館の閉鎖を厳しく要請した。こうした米国側からの一方的な政治的煽動は国際法、国際関係の主要な原則および中米間の領事合意への深刻な違反である」と述べている。

ワン報道官は、最近米政府は「中国の社会制度に根拠に欠いた攻撃で烙印を押し、在米の中国大使館、領事館職員を迫害し、中国人留学生を尋問し、時に理由なく拘束して」中国に罪を転嫁しているとし、「在ヒューストン中国総領事館を短期間で一方的に閉鎖することはこのところの米国の対中関係が前代未聞の段階までエスカレートしたことを示す」と強調した。

これより前に米国防長官は年内の中国訪問の構えを表明していた。

関連ニュース

タグ
中国, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント