00:57 2020年09月22日
国際
短縮 URL
0 22
でフォローする

米国トランプ政権は、国防総省の請負業者などによる華為技術(ファーウェイ)およびその他中国製通信機器の全面的な禁止を課していたが、一時的に解除するとした。米技術系ニュースサイト「Defense News」が伝えた。

一時的な制限解除期間は8月13日から9月30日まで。この猶予期間内に、新型コロナウイルスの影響から回復できていない請負業者らは中国製品にかわる機器調達の目途をつけなくてはならない。

制限の一時解除は、ファーウェイおよび他の中国企業に代わるソリューションの切り替えに時間が要する企業にも適用される。「Defense News」は、この措置により国防総省の請負業者は一息つけるのではないか、と結んでいる。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント