07:47 2020年10月22日
国際
短縮 URL
0 02
でフォローする

7月末にインド洋の島国モーリシャス沖で座礁した日本の商船三井が運航する貨物船「WAKASHIO」の船体が現地時間8月15日14:00に2つに分断したことが確認された。16日、商船三井が発表した。

商船三井は「船体やや後方の8番貨物艙付近の亀裂が進行し、2つに分断した」と発表した。

また商船三井は事故の原因について、「乗組員に対する捜査当局の聴取が完了した後に、船主(長鋪汽船)が聴取を行う予定」と発表した。

約4000トンの油を積んだ貨物船「WAKASHIO」は7月25日、自然保護区「ブルーベイ」にも近いモーリシャス沖で座礁。8月5日には亀裂から約1000トンの重油が流出していることが確認された。モーリシャス政府は8月6日、環境非常事態を宣言した。

 

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント