06:58 2020年09月26日
国際
短縮 URL
0 114
でフォローする

ツイッターは、通信社スプートニク(Sputnik)のアカウントを検索結果から除外した。スプートニクを傘下に置くロシアの国際通信社ロシア・セヴォードニャの広報部が明らかにした。

すでにスプートニクのフォロワーになっている場合や、これまでにツイッターのスプートニクのページにアクセスしたことがない場合、ツイッター検索でスプートニクは表示されない。

ロシア・セヴォードニャの広報部は「あらゆることから判断すると、ツイッターは自由なソーシャルネットワークそして多元的な意見のためのプラットフォームではなくなり、政治に関与し、厳しく検閲する組織になった」と指摘した。

先にツイッター検索からロシアのニュース専門局RTのアカウントも除外された。ツイッターにコメントを求めたが、今のところ返事はないという。

ツイッターは8月上旬、国営メディアのページや国連安全保障理事会常任理事国と関連するアカウント、外相、大使、主要な外交指導者を含む主要な政府高官のアカウントにラベルを表示すると発表した。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント