02:10 2020年09月22日
国際
短縮 URL
0 44
でフォローする

中東のバーレーンはサウジアラビアに続き、イスラエルとアラブ首長国連邦(UAE)間を運航する航空機の領空通過を許可した。バーレーンのBNAニュースが報じた。

先にイスラエルとの関係正常化が報じられたアラブ首長国連邦(UAE)は、イスラエル発UAE着、およびUAE発イスラエル着の航空機を含むすべての航空機について、領空通過の許可をサウジアラビア政府から取りつけた。

サウジアラビアに続きバーレーンもUAEの要請を受けて、自国の領空通過をイスラエルに許可した。


8月31日にUAEのアブダビにはイスラエルと米国の代表団が到着し、イスラエルとUAEの完全な関係正常化について2日間の日程で協議した。代表団はイスラエルの首都テルアビブからアブダビの直行便で移動したが、これは歴史上はじめて。イスラエル機はサウジアラビアの領空を通過したことにより、飛行時間は約3時間にまで短縮された。

会談に先立ち、UAEのアブダッラー・ビン・ザイド外務・国際協力相はパレスチナ国民にビデオメッセージの形で呼びかけ、東エルサレムを首都とするパレスチナ国の独立を主張するアラブ連盟に対する支援について、「UAEの姿勢は堅固で揺るぎない」と強調した。

イスラエルはUAEとの協定条件にもとづき、ヨルダン川西岸地域で自国主権を拡大する決定を一時的に延期する。

関連ニュース

「トランプ大統領はノーベル平和賞の主要候補者」=米大統領補佐官

タグ
戦争・紛争・対立・外交, バーレーン, サウジアラビア, パレスチナ, イスラエル
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント