09:48 2020年12月03日
国際
短縮 URL
0 64
でフォローする

トランプ大統領はロシアを含む、他国との間に良い関係を持つことは米国にとって重要と考えているものの、「ロシア」という言葉を耳にするや否やテレビを消すという。米ペンシルベニア州で行った演説の中で発言した。

トランプ大統領はペンシルベニア州で行われた集会の中で、ロシアについて言及した。

​私がロシアとうまくやれれば、それは良いことなのか、悪いことなのか。思うに、これは良いことだ……国との関係をもつというのは非常に良いことであって、悪いことはない。とてもいいことだ。

しかし、テレビで「ロシア」という言葉を聞くと、すぐさまテレビを消すという。

米国ではロシア疑惑について実に多くの報道が行われていたことから、トランプ大統領はこうした疑惑を念頭に「テレビを消す」と発言したと見られている。大統領は演説の中で、ロシア疑惑に関する報道について「クレイジーだ」と心情を吐露した。

関連ニュース

タグ
大統領選挙, ロシア, ドナルド・トランプ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント