12:00 2020年10月20日
国際
短縮 URL
2020年米国大統領選挙 (47)
0 21
でフォローする

米連邦最高裁のルース・ベイダー・ギンズバーグ氏が18日に死去したことを受け、野党、民主党の大統領候補に指名されたジョー・バイデン前副大統領は、ペンシルベニア州で演説した中で、ギンズバーグ氏の「意向を尊重」し、大統領選が終わるまで後任を任命すべきでないとの立場を明らかにした。加えてバイデン前副大統領は、もし自身が大統領選に勝利した場合には、両党の上院議員らの助言を仰ぎ、判事を任命すると明言した。

ギンズバーグ判事の死去を受けてドナルド・トランプ大統領は、「可及的速やかに」後継者を任命する必要があるとの見方を示していた。

トランプ大統領が後継者を指名し、上院で優勢を占める共和党がこれを承認すれば、最高裁の判事9人のうちの6人が共和党の大統領により指名された形となる。こうした最高裁判事の構成は、政治、司法、社会など多岐にわたる問題に、長期的に深刻な影響を及ぼす可能性があると指摘されている。

米大統領選挙は11月3日に行われる。

関連ニュース

トピック
2020年米国大統領選挙 (47)
タグ
ドナルド・トランプ, 大統領選挙, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント