12:34 2020年10月20日
国際
短縮 URL
ロシアの野党活動家ナワリヌイ氏の状況 (30)
0 34
でフォローする

ロシア野党指導者アレクセイ・ナワリヌィ氏の中毒事件を受けて、米上院にはロシアに対する制裁法案が提出された。マルコ・ルビオ上院議員(共和党)のサイトに掲載されたプレスリリースで明らかになった。

マルコ・ルビオ議員が発表したプレスリリースによると、同法案はナワリヌィ氏の件を含め、「国際法の明らかな違反に関与したロシアの公的人物をターゲット」とした制裁だという。

また同法案では、ウラジーミル・プーチン大統領とその側近のファイナンスに関して米国政府が把握している情報を議会に提示することも定められている。同法案には共和党と民主党の両党から支持が集まっている。

同法案が成立するためには上院、下院での採択に加え、米大統領の署名が必要となる。

アレクセイ・ナワリヌィ氏の入院

8月2日、オムスクでロシア野党指導者のアレクセイ・ナワリヌィ氏が病院に搬送された。同氏は移動中の機内で体調急変。病院では意識不明の状態で人工呼吸器につながれていた。その後、航空機で独シャリテー・ベルリン医科大学付属病院に移送された。

ドイツ側は、ナワリヌィ氏の中毒は神経剤「ノビチョク」によるものと主張。一方、ロシアの医師はナワリヌィ氏の体内に毒物を確認できなかった。ドイツは主張の証拠をモスクワに提供しておらず、加えて中毒にはロシア当局が関与していると非難している。

トピック
ロシアの野党活動家ナワリヌイ氏の状況 (30)
タグ
米国, 制裁, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント