18:53 2020年10月20日
国際
短縮 URL
0 02
でフォローする

サウジアラビア政府は28日、首都リヤドで11月下旬に予定していた20カ国・地域首脳会議(G20サミット)を対面開催ではなく、オンライン方式で実施する。サウジアラビア政府の声明はG20の公式サイトに掲載された。

サウジアラビア政府によると、G20サミットは11月21日から22日にかけてサルマン国王を議長として実施される。

G20では新型コロナウイルスの感染拡大を背景とした「生命の保護」、経済成長の回復、パンデミック期にあらわになった脆弱性との戦いがテーマになる。

またサミットでは、人権のさらなる保護とイノベーション技術の適用により全ての人が活躍できる21世紀社会の構築に向けた国際的な取り組みへの強化も議論される。

G20は生産現場の支援、医薬品やワクチン、診療体制の普及支援に210憶ドル以上を拠出した。また、G20は世界経済の保護に11兆ドルを投資したほか、発展途上国に対し債務返済の延期に関するプログラムを始動した。

関連ニュース

タグ
G20, サウジアラビア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント