09:21 2020年10月25日
国際
短縮 URL
2020年米国大統領選挙 (50)
0 14
でフォローする

ドナルド・トランプ大統領は9月30日に米オハイオ州で行われたジョー・バイデン前副大統領とのテレビ討論会に臨んだ中で、極右思想には常に反対だったと強調した。

テレビ討論会に臨んだトランプ大統領はバイデン前副大統領をはじめとする出席者から、極右勢力「プラウド・ボーイズ」といった保守派や白人至上主義のグループを批判するよう求められた。

その中でトランプ大統領は「プラウド・ボーイズ」について、「脇へ退いて待つべきだ」とコメントし、極右勢力を支持する発言と解釈され、インターネット上では様々な憶測を呼んだ。

その後、トランプ大統領は記者会見で極右勢力との関係について質問を受けた中で、「私は『プラウド・ボーイズ』なんて知らない、彼らは脇へ退くべきだ」と答えた。

関連ニュース

トピック
2020年米国大統領選挙 (50)
タグ
米国, ドナルド・トランプ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント