16:09 2020年10月24日
国際
短縮 URL
0 28
でフォローする

6日、東京での菅義偉総理との会談の際に米国のマイク・ポンペオ国務長官は、米国は新型コロナウイルスのパンデミックから延期となった2021年東京五輪・パラリンピックの実施を全面的に支援すると表明した。

日本の外務省は、「冒頭、菅総理大臣から、ポンペオ長官の訪日を歓迎するとともに、昨年5月以来の再会を嬉しく思う旨が述べられた上で、新型コロナウイルスに感染したトランプ大統領夫妻の早期全快を祈っている旨述べました。これに対し、ポンペオ長官からは、総理大臣就任への祝意が示されるとともに、本表敬の機会及びお見舞いの言葉に対する謝意が述べられました。また、ポンペオ長官から、来年の東京オリンピック・パラリンピック開催について全面的に支持をするとの発言がありました」と発表した。 

また、両氏は、自由で開かれたインド太平洋地域のビジョンの実現に向け2国間の協力を強化していくことを約束。このほかにも北朝鮮に関する情勢と日本人拉致問題で意見交換を行なった。

関連ニュース

タグ
五輪
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント