12:59 2020年10月20日
国際
短縮 URL
0 01
でフォローする

欧州航空安全機関(EASA)は、改修後のボーイング737MAXの十分な安全性を承認し、今年中の飛行再開の可能性について発表した。EASAの執行役員パトリック・カイ氏を引用しブルームバーグが報じた。

カイ氏は、「我々の分析は、飛行機の信頼は高く、到達した安全性が我々にとって十分な水準にあることを示した」と述べた。

また同氏は、9月に実施されたテスト飛行後、EASAは飛行許可証の発行のため書類の準備を行っていることを明らかにした。許可証は11月に発効が予定されている。

またカイ氏は、現在、旅客機の安全システムを向上させる総合センサーの開発が進められていると語った。同氏によれば、そのための作業には20~24ヵ月費やされることになるという。このセンサーは、一方または両方の自動センサーの故障が生じた際にパイロットの作業を簡易にする。

ボーイング737MAXの運航は2つの航空機事故の発生後に禁止された。2018年10月、インドネシアでの航空機事故によって189人が犠牲となった。また2019年3月には同じ旅客機がエチオピアで墜落し、その際には157人が犠牲となっている。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント