23:22 2020年11月30日
国際
短縮 URL
0 114
でフォローする

中国は、台湾への米国製武器の売却をめぐり、米防衛企業のロッキード・マーチン、ボーイング・ディフェンス、レイセオンに制裁を科すことを決定した。中国外務省の趙立堅報道官がブリーフィングで明らかにした。

趙報道官は「国益を守るために、中国は必要な措置を講じ、台湾への武器売却に関与する個人および米国企業に制裁を科すことを決定した」と述べ、制裁の対象にはロッキード・マーチン、ボーイング・ディフェンス、レイセオンなどが含まれるとした。

米国は、18億ドル(約1900億円)相当に上る武器を台湾に売却することを承認した。

米国防総省によると、この取引にはミサイル、偵察・監視用センサー、ロケット砲システムが含まれる。台湾には、高精度巡航ミサイル135発や自走式多連装ロケット砲、戦闘機に搭載する偵察・監視用センサーなどが売却される。

先に、ヘンリー・キッシンジャー米元国務長官は、米中関係は第一次世界大戦の始まりと同様の状況を引き起こす可能性のある危険な時代に入ったと指摘した。

関連ニュース

タグ
武器・兵器, 制裁, 中米関係, 軍事
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント