09:46 2020年11月25日
国際
短縮 URL
0 02
でフォローする

2日、オーストリアの首都ウィーンで発生した銃撃テロ事件について、過激派組織「ダーイシュ」(イスラム国、IS、ロシアでは活動禁止)が犯行声明を出した。ロイター通信が伝えた。

ウィーン中心部では2日夜、複数の場所で銃撃事件が発生し、オーストリア当局はこれをテロ行為と断定した。

シナゴーグ(ユダヤ教礼拝所)付近も事件現場の一つとなっている。事件の容疑者の1人は殺害され、現在、警察当局は、この男と関係があると見られる人物の捜索を行っている。

銃撃事件では、容疑者を含む5人が死亡した。オーストリア内務省の発表によれば、殺害された容疑者は「IS」の支持者だったとされる。ウィーンのミハエル・ルードビヒ市長は、記者会見を開いた中で、ウェイトレス1名と、ウィーン中心部にいた別の3人が死亡したと述べ、そのうち、1人の女性は搬送先のウィーン市内の病院で死亡したことを明らかにした。

関連ニュース

タグ
テロ事件, テロ, オーストリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント