02:52 2020年11月30日
国際
短縮 URL
0 11
でフォローする

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が15日、党政治局拡大会議を主宰した。金委員長が公の場に現れるのは、平安南道檜倉郡にある朝鮮戦争に参戦した中国人民志願兵の墓地を10月22日に訪れて以来25日ぶり。朝鮮中央通信による報道をもとに韓国の聯合ニュースが伝えた。

拡大会議では、新型コロナウイルスの防疫強化策が議題に上り、委員長はコロナウイルスに対する非常防疫戦強化に向けた党、軍、経済の課題を指示したとのこと。

聯合ニュースはまた、北朝鮮国内の感染者は依然ゼロとしているが、強度な防疫体制が敷かれていると伝えている。

関連ニュース

タグ
金正恩, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント