14:31 2020年11月29日
国際
短縮 URL
2020年米国大統領選挙 (176)
0 65
でフォローする

トランプ米大統領は17日に投稿したツイッターで、国土安全保障省の傘下にあるサイバーセキュリティー専門機関(CISA)のクリス・クレブス局長を解任したことを明らかにした。クレブス氏が大規模な不正選挙を否定したことが解任の理由として挙げられている。

トランプ大統領はツイッターの投稿でクレブス氏を解任した理由を説明した。

先にクリス・クレブス氏が2020年選挙のセキュリティーについて行った声明は大変な誤りだ。というのも、大規模な違反行為と詐欺はあったからだ。中には、死んだ人が投票を行ったり、開票所への入室を監視員が拒否されたりするケースがあった……したがって、クリス・クレブス氏は国土安全保障省サイバーセキュリティー専門機関(CISA)局長のポストを即座に解かれた。

​先にクリス・クレブス氏は大統領選に関連したデマ対応のサイトを立ち上げたことにより、ホワイトハウスで批判を呼び、解任される可能性があると報じられていた。

CISAは" Rumor Control"(デマの管理)というサイトを立ち上げた。このサイトは大統領選との関連で誤った情報をチェックすることを目的としている。複数の大統領顧問らはサイトに掲載されている一部の資料を削除するようCISAに迫っていたが、CISA側はこの要求に応じなかった。


マスコミは米大統領選で民主党推薦のジョー・バイデン候補が勝利と報じており、バイデン氏もすでに勝利宣言を行っている。共和党推薦の現職のトランプ氏は現時点ではまだ敗北を認めておらず、弁護士を雇い、複数の州で集計作業の停止及び違反が疑われるケースの捜査を求める訴えを裁判所に起こしている。

先にロシアのラブロフ外相は、ロシアとしては米大統領選の公式的な結果を待って、選出された候補者に祝辞を送る構えであることを明らかにした。

トピック
2020年米国大統領選挙 (176)
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント