03:47 2020年11月25日
国際
短縮 URL
0 01
でフォローする

欧州での2回目のロックダウンの環境に対する影響は、1回目と比べはるかに小さかった。フィナンシャル・タイムズ紙が環境観測プログラム「コペルニクス」のデータを引用して報じた。

報道によれば、特にトラックを含めた自動車による二酸化窒素の排出量は、非常に適度に削減されたが、しかし、いくつかのケースでは逆に増加した。2回目のロックダウン時の二酸化窒素の排出量の削減は、第1波の規制時との比較で約半分に留まったと指摘される。

春の規制時には主たる大気汚染物質の排出レベルは欧州の都市部では50%またはそれ以上下がっている。しかし現在、たとえばロンドンのメアリルボーン・ハイ・ストリートでは、二酸化窒素排出量の削減は11月で21%(1月との比較で)だが、5月時点では74%下がっていた。


欧州での2回目のロックダウン

10月末と11月はじめにかけ多くの欧州の国々は新型コロナウイルスの感染者数の増加から再び規制を強化し始めた。特に自己隔離規制が英国やドイツ、フランス、オランダ、オーストリア、ギリシャ、ポーランドで実施された。

関連記事

タグ
新型コロナウイルス, 気候変動
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント