17:25 2021年01月18日
国際
短縮 URL
0 01
でフォローする

次回の20カ国・地域首脳会議(G20サミット)は、2021年10月末にイタリアのローマで開催されることとなった。議長国イタリアのジュゼッペ・コンテ首相はビデオメッセージを公開し、3つのP(People – Planet – Prosperity)がサミットの主要なテーマになると語った。

コンテ首相はツイッターに投稿したビデオのコメントで、People – Planet – Prosperityという「これら3つのポラリス(北極星)が10月30日と31日にイタリアの首都ローマで開かれる首脳会議へと我々を導くだろう、そこで我々は責務の果実を結集しよう」と記した。

​ビデオメッセージの中でコンテ首相は「最高の惑星を子供たちの手に渡す」ためにも、グローバルな課題に挑戦し、「未来の世界をいま作る」必要があるとした。また、コンテ首相はパンデミックとの戦いについても言及した。

恐ろしいパンデミックを過去のものとするため、我々は共通の道具と手段を開発するため活動を続けていく。そしてそれらは、より公平な形での経済再生を実現させるだろう。それにより我々は不平等や新旧(先進国や発展途上国の違い:スプートニク編集部)を撲滅しよう。

その他、サミットでは女性の役割の強化や、気候変動との戦い、「グリーン」エネルギーの促進に向けた政治的判断が議題に上がる模様。

関連ニュース

タグ
イタリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント