18:49 2021年04月13日
国際
短縮 URL
筆者 :
0 33
でフォローする

国連麻薬委員会は2日、大麻を国際条約で定められている最も危険な薬物分類から外すことを承認した。これにより大麻の医療現場での使用が認められたことになる。

薬物を規制する国際条約「麻薬単一条約」は、1961年に制定された。この条約で大麻は最も危険な薬物として「スケジュール4」に分類されていた。このレベルに分類されている他の薬物として、ヘロインやオピオイドなどが挙げられる。

しかし、世界保健機関(WHO)が医療目的で使用する大麻をこの等級から外すように勧告。それを受け、国連麻薬委員会が2日に採決を行い、賛成多数でWHOの勧告を承認した。

専門家によると、今回の等級変更が各国政府の薬物規制に直ちに影響を与えることはないが、多くの国は国際条約に指針を求めていることから、医療用大麻の合法化に向けた動きが活発になる可能性があるという。

等級変更は、賛成が27、反対25で可決された。賛成票を投じたのは米国と欧州諸国。また、中国、エジプト、ナイジェリア、パキスタン、ロシアなどは反対票を投じた。

関連記事

400キロのコカイン密輸機 メキシコで墜落

タグ
医学, 国連
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント