02:45 2021年04月22日
国際
短縮 URL
0 50
でフォローする

米国防総省は、ソマリアに駐留する約700人の米軍を2021年初めまでに撤退させると発表した。

米ウォールストリートジャーナル紙は、国防総省の声明を引用し「撤退の日時は1月15日。米国は首都モガディシュに小さな部隊のみを残す意向である」と伝えた。

国防総省は「米国はアフリカから撤収するわけでも、アフリカへの関与を絶つわけでもない」と明言した。

また、国防総省は「これは政策の変更ではない。我が国を脅かす暴力的な過激派組織と対抗し続けると同時に、大国間競争における我々の戦略的優位を維持する」と説明した。

国防総省は「軍の一部は東アフリカの外に、残りはソマリアの近隣国に再配置される見通しである」とし、「米国は引き続きソマリアでテロ対策活動を実施する。我が国に対する脅威の警告を早急に受けることができるだろう」と伝えている。

駐留部隊はソマリアを拠点とするイスラム過激派組織「アル・シャバブ」の撲滅に向け、ソマリア政府軍を支援している。この組織は、国際テロ組織「アルカイダ」と密接な関係があると見られている。

先に、ドナルド・トランプ米大統領はイラクとアフガニスタンに駐留する米軍を2021年5月にかけて完全に撤退させる見通しだと発表した。

関連ニュース

 

タグ
ソマリア, 米国防総省・ペンタゴン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント