15:49 2021年01月16日
国際
短縮 URL
0 33
でフォローする

米タイム誌の最新号が出版され、巻頭記事を担当した映画評論家のステファニー・ザチャレク氏は2020年を史上、最悪の年と呼んだ。

タイムズ誌がツイッターに投稿した最新号の表紙には「2020」の数字が大きくデザインれ、赤でバツが付されている。デザインの下には「史上最悪の年」と記されている。

​映画評論家のステファニー・ザチャレク氏は表紙のデザインに関連したタイトルの記事を掲載し、現代人はこれほど「ひどい年」に遭遇したことがなかったと記した。

私たちの多くはこうした事態への用意が出来ていなかった。いかに私たちが自然を裏切ってきたか。それを示した自然災害迷走した選挙。コウモリが発生源とされ、地上に生きるほぼ全員の生活をひっくり返し、世界中でおよそ150万人を死に追いやったウイルス

なお、ザチャレク氏は2つの世界大戦や大恐慌はさらに恐ろしい年だったとしつつ、すでに生存者が少なくなっていることから、2020年を史上最悪の年と呼んだと説明している。

タグ
大統領選挙, 災害, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント