07:41 2021年01月28日
国際
短縮 URL
0 26
でフォローする

海外送金サービス会社「Remitly」が人気の移住先を調べた結果、日本がカナダに次いで2位に入った。ハフポストが報じた。

Remitlyは、世界101カ国に住む人たちの検索データから、海外移住について調べる際によく使われるワードの月平均検索量を分析し、移住先としての検索頻度を調べた。その結果、各国ごとに最も移住したい国を選び、集計したところ、トップにはカナダが、2位には日本が入った

3位以下は

3位 スペイン

4位 ドイツ

5位 カタール

6位 オーストラリア

7位 スイス

8位 ポルトガル

9位 米国および英国

Remitlyの調査では、2020年1月から10月の間で海外移住の方法を調べるgoogle検索が世界規模でおよそ29%増えたことが明らかになった。コロナ禍でより安全で暮らしやすい国を求めての出国欲求が高まったからではないかと考察されている。日本への移住希望者はアジア諸国、北米に多くみられた。

ただしベスト10にはコロナ感染拡大で大きな被害を受けた国も多数入っており、移住欲求が安全を求めてのことであれば、人々が抱くイメージが必ずしも現実とはそぐわないことも浮き彫りになっている。

ちなみに日本人が選んだ一番人気の移住先は英国、ロシア人は米国へ移り住みたいと思っていた。

関連記事

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント