09:57 2021年04月12日
国際
短縮 URL
0 04
でフォローする

新型コロナウイルスのパンデミックの今、小児性愛者の活動がオンライン上で活発化している。これは、欧州刑事警察機構(ユーロポール)の調査で明らかになった。

その調査結果によると、パンデミック以降、ネット上での児童への性犯罪の件数が大幅に増加している。

ドイツのテレビ局「ドイチェ・ヴェレ」がユーロポールのカトリーヌ・ドゥ・ボル長官の言葉を引用して報じたところによると、小児性愛者らは、隔離期間にオンラインで過ごす時間が長い子どもたちと直接接触しようと積極的に動いているという。同長官は、小児性愛者の活動の増加を強く懸念していると強調した。

またパンデミック時には、器物窃盗や偽造された衛生器具の販売、病院へのサイバー攻撃などの犯罪件数も増加している。

関連記事

タグ
警察, インターポール
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント