09:25 2021年01月28日
国際
短縮 URL
0 62
でフォローする

米ワシントンでは6日、現職のドナルド・トランプ米大統領を支持する集会が開催される。これを前にワシントン州連邦地方裁判所は国内の極右勢力として知られる「プラウド・ボーイズ」の指導者に対し、首都への移動を制限する決定を下した。指導者は先に器物損壊と銃の不法所持で逮捕されていた。ナショナル・パブリック・ラジオが報じた。

プラウド・ボーイズを主催するエンリケ・タリオ氏は4日、首都ワシントンで逮捕された。ワシントンでは次期大統領に選出された民主党のジョー・バイデン氏を議会が承認することを受けて集会が開かれており、タリオ氏は集会への参加を目的にワシントンを訪れていた模様。

タリオ氏は4日、ワシントンで器物損壊と銃の不法所持により逮捕された。容疑者は起訴され、5日に裁判所へ出廷した。裁判所は弁護士との面会や裁判所への出廷といった理由を除き、ワシントンへの移動を禁止した。次回の審理は20201年6月に予定されている。

2020年大統領選に向けて実施されたテレビ討論会でトランプ大統領はバイデン前副大統領をはじめとする出席者から、極右勢力「プラウド・ボーイズ」といった保守派や白人至上主義のグループを批判するよう求められた。

その中でトランプ大統領は「プラウド・ボーイズ」について、「脇へ退いて待つべきだ」とコメントし、極右勢力を支持する発言と解釈され、インターネット上では様々な憶測を呼んだ。

関連ニュース

タグ
ドナルド・トランプ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント