21:22 2021年05月07日
国際
短縮 URL
0 22
でフォローする

韓国と米国は、コロナウイルスのパンデミックを懸念し、例年12月に取り組む空軍の共同演習を規模を縮小して実施した。軍事の情報筋を引用し聯合ニュースが報じた。

報道によれば、両国は縮小規模での演習を12月7日から11日に実施した。韓国側は戦闘機F-15KとKF-16を、また米国側は F-16を使用した。演習への追加部隊の派遣は行われず、すでに朝鮮半島で任務にあたっている航空機が活用された。

取材に対し空軍将校は、「これは共同作戦を遂行する同盟国の能力を確認するための通常の訓練である」とコメントした。


関連ニュース

タグ
米国, 韓国, 軍事演習
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント