18:32 2021年03月08日
国際
短縮 URL
0 17
でフォローする

米軍はイラクに駐留する兵士らのうち200人をシリア北東部のハサカ県に派兵した。シリア国営テレビが報じた。

シリア国営テレビが報じたところによると、「米国の占領軍」はイラクからシリア北東部に200人を派兵したという。

いずれも、ハサカ県アルシャダダ市で不法に設置された基地やデリゾール県のエル・オマル油田、コニコガス田に派遣されている。

米軍は反体制派のグループ「シリア民主軍」(クルド人民兵部隊やアラブ系組織で構成)と連携してデリゾール県、ハサカ県、ラッカ県で活動している。これらの地域には油田やガス田の多くが位置している。

シリア政府は国内で活動する米軍を一度ならず占領軍と指定し、原油搾取を国家的に行っているとして批判を強めている。

関連ニュース

タグ
米国, シリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント