05:28 2021年09月19日
国際
短縮 URL
0 15
でフォローする

ジョー・バイデン新政権はアフガニスタンの過激派組織「タリバン」との間にトランプ前政権が締結した和平協定の内容を見直す。ホワイトハウスの発表をもとにロイター通信が報じた。

ロイター通信の報道によると、ジェイク・サリバン大統領補佐官(国家安全保障担当)はアフガニスタン政府と電話協議を行った中で、和平協定の内容について見直す意向を伝えたという。

バイデン政権は前政権が決定した政策の多くを見直している。バイデン大統領はメキシコとの国境における壁の建設の中止世界保健機関からの脱退中止、およびパリ協定への復帰に関する大統領令に署名した。また、イラン、リビア、シリア、イエメンなど、イスラム教圏からの入国に関する制限を廃止した。さらにバイデン氏は、100日間にわたってマスク着用を国民に要請する大統領令に署名した。

2020年2月末にはカタールで、米国・タリバン間の和平協定が結ばれた。この協定により、アフガニスタンから14カ月内に外国人駐留軍の撤退、捕虜交換を行った後にアフガニスタン政府と反政府勢力の対話が見込まれている。米軍はすでにこの協定に従いアフガニスタン国内の5つの基地から撤退した。

関連ニュース

タグ
タリバン, アフガニスタン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント