21:54 2021年04月20日
国際
短縮 URL
0 31
でフォローする

北欧閣僚理事会の報告によると、ノルウェーは北欧諸国の人々が働くのに最も魅力的な国であることが明らかになった。

報告書によると「ノルウェーは、デンマーク人(63%)、フィンランド人(41%)、アイスランド人(82%)、スウェーデン人(56%)にとって最も魅力的な職場となった。」

5つの国家統計局が、北欧諸国の国境を越えた通勤状況を初めてマッピングした。統計によると、2015年には合計5万1000人が北欧諸国内の他の国へ通勤していた。

また、報告書では次のように指摘されている。

合計5万1000人の国境を越えた通勤者のうち、4分の3はデンマークとノルウェーに通勤しているスウェーデン人である。ノルウェーはデンマーク人にとって魅力的な職場であり、他の北欧諸国に通勤しているデンマーク人の63%がノルウェーに旅行している。これは調査結果の中でも最も予想外なものの1つである。

一方、新しい統計によると、国境を越えた通勤者の数は2015年から2017年の間に大幅に減少した。ノルウェーへ通勤する若いスウェーデン人の数が最も減少したという。

北欧閣僚理事会は、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、アイスランドの5か国を統合する、各国家の政府、議会による協調と協力のための国際組織。

関連ニュース

タグ
アイスランド, フィンランド, スウェーデン, デンマーク, ノルウェー
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント