09:07 2021年04月15日
国際
短縮 URL
0 30
でフォローする

ブラジル当局は、米Appleに対し、iPhone販売時に充電器を同梱しなかった件で罰金を科したことが分かった。同国のニュースサイト「Poder 360」が伝えている。

ブラジルのサンパウロ消費者保護局は、Appleに1050万レアル(約2億800万円)の罰金を課した。この措置は、iPhoneの購入者が充電器が梱包されていないことに怒り、苦情を同局に寄せたことを受けて行われた。

同保護局は消費者からの苦情が寄せられた後、Appleに状況の説明を求めたが、同社は回答しなかったという。

専門家らは、同社が2022年から2023年にLightningコネクタによる有線での充電を止めるとみている。

また、他のスマホメーカーもこの流れに追随している。中国のシャオミがその一例

関連記事

タグ
Apple, ブラジル
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント