18:06 2021年04月11日
国際
短縮 URL
0 16
でフォローする

カナダの医師らが、脳の重い病とみられる謎の病気が突然、蔓延しはじめたと発表している。現在、そうした症例は43件確認されているものの、原因は特定されていない。専門家らは5件の死亡に関してはこの病気が原因ではないかとみている。ガーディアン紙が報じた。

患者には幻覚、記憶喪失、筋萎縮、視覚異常などクロイツフェルト・ヤコブ病に似た症状が出ていたため、検査が行われたが、その結果、この病気が原因ではなかった。

ガーディアン紙の報道によれば、患者らは最初は説明しがたい痛みを訴えていたが、そのうちにけいれんをおこしたり、行動に変化が出はじめた。こうした症状はや不安感からくるものと診断されていたが、そうした患者らは18か月から36か月経過すると、認識力が低下し始め、筋委縮が進行して、唾液が分泌され、歯の根が合わなってきた。中には幻覚が現れる患者もではじめ、最も多く訴えられたのが皮膚の上を虫が這っている感触だった。

スプートニクは以前、突然話す能力を失う奇病についての記事を紹介している。

関連ニュース

タグ
病気, カナダ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント