12:14 2021年05月06日
国際
短縮 URL
0 11
でフォローする

日本の菅義偉首相は10日、英国のフィリップ殿下が死去したことを受け、弔意を表した。NHKが伝えた。

菅首相は、ボリス・ジョンソン英首相宛に弔意書簡を送った

日本政府および日本国民を代表し、英国王室、英国政府、および英国民の皆さまに対し、衷心より哀悼の意を表します。フィリップ殿下は、日本を7回訪問されるなど、わが国皇室と英国王室の歴史ある関係をさらに強固なものとされたのみならず、日英両国民の相互理解促進に多大なるご貢献をされたことに深甚なる敬意を表します。フィリップ殿下の生前のご功績をしのびつつ、謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

外務省のウェブサイトでは、茂木敏充外相からドミニク・ラーブ英外相に当てられた弔意書簡が掲載されている

バッキンガム宮殿の発表によると、フィリップ殿下は9日、ロンドン郊外のウィンザー城で亡くなった。100歳の誕生日まで約2カ月だった。

フィリップ殿下は今年2月、予防的措置として入院。その後、聖バーソロミュー病院に転院し、心臓の手術を受け、3月中旬に退院していた。

関連ニュース

タグ
エリザベス2世, 英国, 菅義偉
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント