00:51 2021年05月17日
国際
短縮 URL
0 14
でフォローする

イスラエル軍はイスラム原理主義組織「ハマース(イスラム抵抗運動)」が管理する3個所の施設に空爆を実施した。イスラエル側はツイッターへの投稿で、ハマースが先にパレスチナのガザ地区から行ったロケット攻撃に対する報復攻撃と指摘している。

ガザ地区から実施されたロケット攻撃に対する報復としてイスラエル軍は戦闘機と軍事ヘリでハマースが管理する施設に空爆を実施した。

これによりイスラエル軍はハマースが管理する武器の製造施設に加え、武器を密輸するトンネルや軍事拠点を破壊した。

報復攻撃後、イスラエル軍はツイートの中で、自国民に対する脅威を一切容認しない姿勢を強調した。

先にイスラエル軍のプレスサービスは、パレスチナのガザ地区からイスラエル領に1発のロケットが発射されたと発表していた。

関連ニュース

タグ
パレスチナ, イスラエル
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント