00:29 2021年05月13日
国際
短縮 URL
0 114
でフォローする

ウクライナはロシアに対する追加経済制裁として、同国を国際銀行間金融通信協会(SWIFT)のシステムから追放する可能性を検討するよう、欧州連合(EU)に要請した。ウクライナのドミトリー・クレバ外相が表明した。

ロシア外務省の次官は先にリアノーボスチ通信の取材に対し、ロシアは現時点においてSWIFTの国際システムを放棄する意図はないとしていたものの、仮に同システムから追放される場合、他のシステムや可能性を検討するとしていた。

ウクライナのクレバ外相がロイター通信の取材に応じた中で発言したところによると、ウクライナは「ロシアによるSWIFTへのアクセスを禁止」する可能性を検討するよう、20日に行われたEUの外相会談で要請したという。

国際銀行間金融通信協会(SWIFT)には全世界で1万1000以上の組織が加盟している。メディアでは、西側諸国によるさらに厳しい制裁の1つとして、このシステムからロシアを除外する可能性が指摘されている。

先にロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官は、あらゆる脅威の可能性があるとコメントしていた。

関連ニュース

タグ
対露制裁, 制裁, 経済, ウクライナ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント