22:32 2021年06月24日
国際
短縮 URL
0 17
でフォローする

米国務省は、ブリンケン国務長官のウクライナ訪問を前に報告書を発表し、米国は2014年以降、ウクライナへの支援として総額46億ドル(およそ5,030億円)以上を拠出したことを明らかにした。

報告書には、2014年から米国は安全保障に関わるものを含め、ウクライナへの支援として46億ドル以上を拠出したと記されている。

また国務省は、米国はウクライナに対し、新型コロナウイルスの感染予防対策に4,900万ドル(およそ53億円)の金融支援を行なったほか、ウクライナ東部およびクリミア半島において、ロシアによる暴力行為の結果、移動を余儀なくされるなどの被害を被った市民への支援として、人道支援組織に対し、3億600万ドル(およそ335億円)を拠出したと強調した。

一方、これに対し、ロシア政府は指摘されたような事実はないと否定している。

関連ニュース

タグ
米国, ウクライナ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント