04:01 2021年06月19日
国際
短縮 URL
0 10
でフォローする

アルメニアのアルメン・サルキシャン大統領は10日、6月20日に総選挙を行う法令に署名した。大統領府のプレスサービスによって発表された。

文書には「憲法第92条と第93条の要項と議会の解散を受け、サルキシャン大統領は2021年6月20日に国会の総選挙に関する法令に署名した」とある。

アルメニア法では、現首相辞職後に議会が首相を再選しない場合、選挙が行われる。

そのため、アルメニアの国会議員は総選挙を行うために、2回続けてニコル・パシニャン元首相を選出しなかった。これに従い、新首相は総選挙の結果を受け、大統領によって任命される。

アルメニアのパシニャン元首相は4月25日に辞任。それよりも前に、パシニャン氏は「4月に辞職するが、去るためではなく前倒し選挙を実施するためだ」と述べていた

関連ニュース

タグ
選挙, アルメニア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント