19:50 2021年06月15日
国際
短縮 URL
0 25
でフォローする

フランスのエマニュエル・クロン大統領は22日、パリで都市封鎖明けのカフェを訪問し、ウクライナ語による乾杯の掛け声で祝杯を挙げた。これに対し、ウクライナ政府はマクロン大統領をキエフに招待し、ワインでの乾杯を呼びかけている。

パリでは新型コロナウイルス対策の規制が緩和され、カフェテラスの営業再開が許可された。マクロン大統領は22日、カフェテラスのオープンに合わせた式典に出席した際、ウクライナ語による乾杯の掛け声で祝杯を挙げた。動画はウクライナのフランス大使館が公開した。

​マクロン大統領はパリ市内のカフェを訪問し、そこでカクテルを注文した。マクロン大統領がグラスを持ち上げると、取り囲んでいた市民の1人がウクライナ語で「ブディモ(乾杯)!」と声を上げた。これに対してマクロン大統領は微笑みで返し、グラスを持ち上げ「ウクライナのために!」と発言した。

ウクライナ政府はツイッターの公式アカウントに投稿した中で「次にワインを乾杯する際は、私たちのキエフへどうぞ」とマクロン大統領に呼び掛けた。

関連ニュース

タグ
ウクライナ, フランス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント