19:43 2021年06月13日
国際
短縮 URL
0 44
でフォローする

ドナルド・トランプ元大統領は2021年8月にかけて大統領に復帰することを期待している。米紙ニューヨーク・タイムズのマギー・ハバーマン記者が明らかにした。 

ハバーマン記者によると、トランプ氏は交流のある人物らに対し、8月にかけて大統領に復帰すると発言してるという。。この点についてハバーマン記者はツイッターへの投稿で、「もちろん、そうはならない、私はただ情報共有してるだけ」とコメントした。

​ハバーマン記者によると、トランプ大統領はマンハッタン地検から訴追される可能性があることから、こうした発言を行っているという。

ハバーマン記者は2018年、ホワイトハウスの活動を取材したことでピューリッツァー賞に輝いた。当初、トランプ政権はハバーマン記者に取材上の幅広い権限を付与していたが、否定的な報道が続いたことから、その活動を著しく制限した。そしてトランプ氏はハバーマン記者を「三流リポーター」と酷評していた。

ニューヨーク州検察は現在、トランプ氏の企業を対象に捜査を進めている。トランプ氏はあらゆる違法行為を否定している。

関連ニュース

タグ
ドナルド・トランプ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント