12:06 2021年06月13日
国際
短縮 URL
0 214
でフォローする

欧州を外遊中のジョー・バイデン大統領はロシアのウラジーミル・プーチン大統領とスイスのジュネーブで予定されている首脳会談の中で「米国は帰ってきた」ことを分からせると発言した。

在英米軍基地を訪問したバイデン大統領は兵士らによる拍手を受けて演説を行った。 演説の中でバイデン大統領は「彼(プーチン大統領:スプートニク日本編集部)に知ってほしいことを伝える」としたうえで、「米国は帰ってきた」ことを明確に分からせると発言した。

また、両国は戦略的安全保障に責任を持つことから、ロシア側とは対立を望まず、予見可能で安定した関係構築を目指すものの、ロシア政府による破壊的な行為には厳しく対処するともコメントした。

6月16日にスイスのジュネーブで予定されている露米首脳会談では、シリア情勢やウクライナ情勢についても意見交換が行われる見通し。

関連ニュース

タグ
ロシア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント