11:06 2021年06月13日
国際
短縮 URL
0 25
でフォローする

欧州議会の議員らはベラルーシ情勢をめぐる決議案において、アイルランドのライアンエア機がベラルーシの首都ミンスクで強制着陸させられた事件の調査で「ロシアが果たした役割の検討」を要請する。ロシア国民による関与が確認された際は、制裁を速やかに発動するよう欧州連合(EU)加盟各国に呼び掛ける。

欧州議会は10日、ベラルーシ情勢を巡る決議案の採決を取る。欧州議会の決議に強制力はなく、EU加盟国への勧告に留まる。

決議案によると、欧州議会は航空機着陸事件でロシアが担った役割について検討し、この事件に直接的または間接的に関与したロシア市民を人権侵害によりEUの制裁リストに追加する。決議案には次のとおり記されている。

欧州議会はルカシェンコ体制に対するロシアの関与に深い懸念を抱いており、そこには財政支援や特殊部隊レベルの緊密な連携も含まれる。

また欧州議会は同決議案の中で、ベラルーシの個人を対象とした新たな制裁を発動するほか、国有企業、および政府との関係が深い民間企業に対する経済制裁導入の必要性も呼び掛けている。


ギリシャのアテネからリトアニアのビリニュスに向かっていたアイルランドの格安航空会社ライアンエアの航空機が、機内に爆発物があるとの通報を受け、ベラルーシのミンスクに緊急着陸した。

航空機には、ベラルーシで過激派組織に認定されたTelegramチャンネル「Nexta」を作成したロマン・プロタセビチ氏が搭乗していた。着陸後、プロタセビチ氏はベラルーシ当局に拘束された。プロタセビチ氏は、政府当局者や治安当局者に対する社会的な敵意を扇動した疑いが持たれており、刑事事件で起訴された。最大15年の懲役が科される可能性がある。

関連ニュース

タグ
ベラルーシ, 欧州, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント