20:51 2021年07月24日
国際
短縮 URL
0 13
でフォローする

ウクライナのドミトロ・クレーバ外相は11日、ウクライナのウォロディミル・ゼレンスキー大統領とジョー・バイデン米大統領の会談が7月末にワシントンで予定されていると明らかにした。

クレーバ氏は、テレビチャンネル「ウクライナ24」の放送で「(バイデン氏とゼレンスキー氏の会談の)日程は7月末で検討している」と語った。

クレーバ氏は、これはゼレンスキー氏の米国への公式訪問となると述べた。幅広い議題が予定されており、ウクライナからの大規模な代表団が米国を訪れるという。

また、同氏は「我々はすでに訪問に向け準備を始めており、すでに重要な合意について取り組んでいる」と明らかにした。

先に、RBKウクライナは、ミハイル・ポドリャク大統領府長官顧問の言葉を引用し「バイデン氏は、6月のサミット、そしてプーチン大統領との会談の結果について話し合うため、7月にゼレンスキー大統領をワシントンに招く」と伝えていた


バイデン大統領は7日、ウクライナのゼレンスキー大統領と電話会談を行い、ウクライナのユーロ大西洋統合を支持し、NATO加盟のための行動計画をウクライナに提供することの重要性を指摘した

また、アントニー・ブリンケン米国務長官は8日、上院外交委員会の公聴会に出席した中で、ウクライナの北大西洋条約機構(NATO)加盟を支持する意向を表明した

関連ニュース

タグ
ジョー・バイデン, ウクライナ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント