18:34 2021年09月26日
国際
短縮 URL
0 15
でフォローする

主要7カ国(G7)は、2022年末までに新型コロナウイルスワクチン23億回分を途上国に提供する。ドイツのメルケル首相が明らかにした。 

メルケル氏は「我われは再び、誰もがワクチンへアクセスできるべきであることについてじっくりと話をした。2022年末までに23億回分のワクチンが途上国に供給されるという我われのシグナルは、ここから出ている」と述べた。

ドイツは、3億5000万回分のワクチンを提供する。

またメルケル氏は、アフリカでも新型コロナワクチンの生産が確立されるべきだと指摘した。同氏によると、新型コロナウイルスを開発した独バイオエヌテック社が、この方向で活動している。

関連ニュース

タグ
G7, アンゲラ・メルケル, 新型コロナウイルス, ワクチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント