08:17 2021年08月04日
国際
短縮 URL
0 15
でフォローする

米国は、ロッキード社が開発した偵察機「SR-71ブラックバード」を製造するために、ソ連を騙してチタンを手に入れていた。米誌ナショナル・インタレストが伝えている。

同誌によると、米中央情報局(CIA)はダミー企業や第三国を仲介して、偵察機の製造に必要なチタンをソ連から購入しようとしていたという。米国には十分な量のチタン鉱石がなかったため、米政府はこのような手段をとったのだった。

記事の冒頭には、「もしソ連が自分たちの輸出品が米国の軍用機の製造に使われていることを知っていたら、絶対に(チタンを)売らなかっただろう」と書かれている。

同誌は、ソ連のチタンが利用された例として、米ロッキード社が開発したSR-71ブラックバードを挙げている。この軍用機は、1966年から1998年まで運用された米国の超音速戦略偵察機。

同誌は以前、米空軍が世界大戦に備えて準備を進めていると報じている。

関連ニュース

タグ
アメリカ軍, 武器・兵器, 軍事
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント