12:54 2021年07月25日
国際
短縮 URL
0 61
でフォローする

ロシア政府が用意した非友好国のリストから米国を削除する根拠は現時点でない。ロシア大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官がリアノーボスチ通信の取材に応じた中で指摘した。

ペスコフ報道官は取材に対し、「いや、まだこれを決定する上での根拠はない」と指摘した。

先にロシア政府は非友好国のリストを承認した。その中には米国とチェコが含まれていた。ロシア外務省のセルゲイ・ラブロフ外相はこの非友好国リストについて言及した中で、これは詳細な分析を踏まえたものであり、 リストは見直されることがあるとしても、一定の期間は必要になると指摘していた。ただし、これは「死んだ書類」ではなく、 リストは当然ながら適宜、再検討されるとした。

なおペスコフ報道官はジュネーヴで行われた露米首脳会談について言及して中で、「我々が予想していた通りだったが、すべては今後の展開にかかっている」と指摘した。

関連ニュース

タグ
ウラジーミル・プーチン, ジョー・バイデン, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント