13:35 2021年07月24日
国際
短縮 URL
0 13
でフォローする

ジョー・バイデン大統領は政権に就任してから150日間の職務を自ら高く評価し、交渉が難航と予測される諸問題についてジャーナリストを驚愕させると約束した。

バイデン大統領はホワイトハウスで開かれた記者会見で記者に対し、このように発言した。

私はおよそ150日間大統領を務めているが、現時点において大変よく事態は進んでいる。それは私のためではなく、システムがそのように機能しているからだ。

また、バイデン大統領は連邦議会でも合意が形成されていない国内のインフラ再建についてコメントした。

皆さんのこういった質問、例えば、「いつこれを実現すると約束できるか、答えられますか」など、そういった類の質問に答えられないことはわかっている。

その際、バイデン大統領は軽くテーブルを叩いた。その上で、ジャーナリストを驚愕させると約束した。

皆さんは私のことをあまりにもよく知っている。私は残る4年間で皆さんを驚愕させよう。というのも、私は真実をあるがままに発言するからだ。私は上院と下院の代表者らを、皆さんの大半よりも良く知っている。私は一生かけてこの事やってきた。これはつまり、私がいつも正しいということにはならない。しかし、私は同僚らとこの点について個別に交渉を進めている間、プレスと共に議論するつもりはない。

このようにバイデン大統領は発言した。

関連ニュース

タグ
ジョー・バイデン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント