13:33 2021年07月24日
国際
短縮 URL
ナゴルノ・カラバフの状況 (67)
0 0 0
でフォローする

アルメニアとの対立姿勢を先鋭にしているアゼルバイジャンのイルハム・アリエフ大統領は国防軍の強化に加え、最新兵器の購入プロセスが始まったことを明らかにした。

アリエフ大統領は26日、首都バクーにあるゴレスターン宮殿で軍隊の司令官らと会談し、協議を行った。アゼルバイジャンでは6月26日が軍隊の日に指定されている。会談の中でアリエフ大統領は次のように発言した。

アゼルバイジャンは今後も強力になる、それは間違いないことをアルメニアは理解する必要がある。加えて我々の軍事力も増強される。戦後、しかるべき指令を発出し、新しい契約に署名し、最新兵器や最新技術を使用した武器の購入手続きが始まった。我々の軍事力と軍隊は今後も増強される。

アリエフ大統領によると、アゼルバイジャンは「第2次カラバフ戦争の結果とプロセスを分析」し、それに応じて軍事力を強化するという。 

アリエフ大統領は隣国アルメニアに対し、次のような言葉を投げかけた。

アルメニアは我々に対する攻撃的政策を放棄しない限り、破壊された軍隊を再建できないだけでなく、経済的活動も再開できない。

また、アルメニア側には国境地帯の脱軍事化に向けた作業グループを共同で設置する必要性を指摘し、国境策定に向けた動きを進めることを提案した。

関連ニュース

トピック
ナゴルノ・カラバフの状況 (67)
タグ
アルメニア, アゼルバイジャン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント