20:13 2021年07月24日
国際
短縮 URL
0 24
でフォローする

ジョー・バイデン米大統領は28日、ホワイトハウスでイスラエルのルーベン・リブリン大統領との会談を行った。会談前には、米国はイランが核兵器を保有することを阻止すると表明した。

バイデン大統領は、イラン周辺の状況についてリブリン大統領と協議するとし、「私の在任中、決してイランが核兵器を所有することはない」と強調した。

バイデン氏は27日、米国に対する一連の攻撃への報復として、イラクとシリアの国境地域にある親イラン武装組織の拠点を空爆するよう指示した。バイデン氏は、自衛のために軍事行動に訴えることを認めている合衆国憲法の第2条に従ったと説明した。

バイデン氏は、イスラエルに対するコミットメントは「変わらない」ものであり、特にイスラエルの「揺るぎない自己防衛にコミットしている」と強調した。そして、イスラエルとアフリカおよび中東諸国との関係修復への支持を表明した。

また、バイデン氏は「早急に」イスラエルのナフタリ・ベネット新首相と会談すると明らかにした。

関連ニュース

タグ
イラン核合意, ジョー・バイデン, イラン, イスラエル, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント